年間新作100本以上鑑賞
一般人映画マニア
"SUBCALI" 

オススメ新作映画

『ドント・ウォーリー

【監督】
○ Gus Van Sant
【脚本】
Gus Van Sant

【出演】
Joaquin Phoenix (ジョン・キャラバン)
○Jonah Hill(ドニー)
○ Rooney Mara (アヌー)
○Jack Black (デクスター)

 

『エレファント』(03)でカンヌ国際映画祭パルムドールと監督賞を受賞、そのほかにも『ミルク』(08)『マイ・プライベート・アイダホ』などで知られるケンタッキー州出身の監督/作家 "ガス・ヴァン・サント" の最新作。 2018年サンダンスとベルリン国際映画祭公式出展作品。 

『エレファント』 Trailer

 

アルコールに頼る日々を過ごしていたジョン・キャラハンは、自動車事故に遭い一命を取り留めるが、胸から下が麻痺し、車いす生活を余儀なくされる。絶望と苛立ちの中、ますます酒に溺れ、周囲とぶつかる自暴自棄な毎日。だが幾つかのきっかけから自分を憐れむことを止めた彼は、過去から自由になる強さを得ていく。そして、持ち前の辛辣なユーモアを発揮して不自由な手で風刺漫画を描き始める。人生を築き始めた彼のそばにはずっと、彼を好きでい続ける、かけがえのない人たちがいた・・・。
59歳で他界した世界で一番皮肉屋な風刺漫画家の奇跡の実話。(公式サイト抜粋)

『ドント・ウォーリー』 30sec 予告

 

主演は、リドリー・スコット監督のアカデミー賞作品賞『グラディエーター』(00)でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされ、過去にガス・ヴァン・サント監督作品『誘う女』でもコンビを組んだプエルトリコ出身の "ホアキン・フェニックス"。最近では2019年公開予定の『ジョーカー』で主役のジョーカー役などでも耳目を集めている。さらに超豪華キャストが 脇を固める。セラピーの主催者でのちに親友となるドニー役に『マネー・ボール』(11) などで知られる "ジョナ・ヒル"、恋人役には各国映画賞を総なめした名作『キャロル』(15) や『ドラゴンタゥーの女』(11)でおなじみの "ルーニー・マーラ"、事故を起こした張本人の友人役で "ジャック・ブラック" という主役級のキャスティングとなっている。

ジョーカー 予告編 (ホアキン・フェニックス主演)

『マネー・ボール』 Trailer (ジョナ・ヒル出演) 

『キャロル』 Trailer (ルーニー・マーラ出演)

 

実は20年以上前に制作の話が上がっていた今作。 故"ロビン・ウィリアムス" が 「ジョン・キャラハン作品」の大ファンで、1989年に発売されたジョン・キャラハンの自伝本『Don't Worry He Won't Get Far Away』の映画権を手にいれていた。そして当時『グッド・ウィル・ハンティング』の公開直後ということもあって "ガス・ヴァン・サント" に監督として白羽の矢が立った。その後 "ロビン・ウィリアムス" 主演で脚本を2本も書いたのだがスケジュールが合わず実現には至らなかった。 

しかし "ガス・ヴァン・サント" "ジョン・キャラハン" も時を同じくしてポートランドという町でアート活動を行っていたこともあり。インタビューを行うなど所縁はあった。そのこともありいつの間にか映画権を所有していたコロンビアが三度 "ガス・ヴァン・サント" に声をかけ、本作が実現するに至った。過去2度に渡って書かれていた脚本とは大きく変更し、本に出てくる章を中心にセラピーのことを軸に描かれている。余談となるが、世界中で大ブームを巻き起こした『ボヘミアン・ラプソディー』の監督依頼が"ガス・ヴァン・サント" にかかっていた。しかし「まだ有名ではない、まだ世間に認知されていない人のことを描きたい」という理由で断り、本作に中力したという制作秘話も上がっている。

公式サイト : http://www.dontworry-movie.com

『ドント・ウォーリー』 90sec 予告

Follow me!